腸内環境セルフチェック


皆さん、トイレの後、自分が出したモノを振り返ることはありますか?
もしないのであれば、ぜひ、見ていただきたいものです。
いろんなことがわかる、からだからのお便り…それが『便』なのです。

排便した後のトイレを見たとき、どんな感じでしたか?
濃色の便が付き、腐敗臭を感じたなら、そのときの腸内環境は悪玉菌が優勢の状態のはず。
口臭を自覚するならなおさらです。

病原菌や悪玉菌は肉や血液を好みます。
栄養を横取りして腐敗物質を作り出すのです。
その解毒で肝臓が酷使され、体力や抵抗力が低下するので、様々な病気の原因となるのです。

対して、善玉菌の多い腸内環境できた便はどうなのでしょう。
黄色傾向で腐敗臭がしません。
ふかしイモを食べた後と焼肉の後とでは、食後の便やガスの臭さがまったく違うんですよ。
善玉菌のガスは日本人の長い腸の中の便を押し出してくれます。
そして食物繊維で嵩を増した便が腸壁をこすって腸を動かし、便秘を改善します。

医者じゃなくても、こんなポイントを知るだけで、そのときの腸内環境がなんとなく、判断できます。
自分の健康状態を知るために、そのままトイレを後にせず、チェックしましょう。

140623

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です