花粉症と腸の関わり


これまで何度も書きましたので、「またか!」の感も強いところで恐縮です。

140326

金沢大学との共同治験で、ベリラクト服用1週間で花粉症を増悪させるTh2の低下が見られました。
治験を行ったのは昨年夏。
季節柄、花粉症を発症されている方は、そのときはいらっしゃいませんでした。
ですが、Th2低下は花粉症でない方においても観察されました。

また、長年、大腸メラノーシスに罹患されている方に、ベリラクトを服用していただきました。
3ヶ月後に大腸カメラを実施したところ、大腸メラノーシスがほぼ消失しているのが確認できました。
興味深いことにこの方、花粉症もほぼ治っていました。

ベリラクトは登場してまだ日が浅いのです。
しかしこれからは更にこのような声を聞くことができるものと信じています。
このような御報告は現役開業医ならではの楽しみでもあります。
文字通り、<Doctor’s Choice>のベリラクトにご注目いただければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です