腸内環境がなぜ花粉症に影響するの?


そもそも、『花粉症』とはなんでしょう。
アレルギー症状の1つです。
卵アレルギー、ハウスダストアレルギー…こういった類と同じ、花粉アレルギーなのです。

アレルギーは免疫機能の過剰反応。
体には無害な花粉を、免疫細胞が『異物・病原菌』と勘違いしてしまうんです。
異物なので排出しなければいけません。
なので、鼻水やくしゃみなどで体外に出そうとしているのです。
…となると、免疫機能が正常に働けば、アレルギーがなくなりますね。

さて、その免疫細胞。
体内のどこにあるか、知っていますか?
実は70%が腸にあるのです!
そして腸の免疫システムを支えているのが、腸内細菌のバランスです。
悪玉菌優勢の腸内環境だと、免疫システムもうまく機能しなくなってしまうのです。
ですので善玉菌優勢にする必要があるのです。

「花粉症ってことは、免疫が強く反応するってことだから、免疫力は高いのでは?」
そう勘違いされる方もいるようですが、違います。
『強く反応する』ではなく、『異常反応をする』のです。

腸内環境を良くすることで、免疫力が上がります。
免疫力が上がれば、花粉症を含むアレルギーも比例して軽減するしていく…そういうことです。
だから、ベリラクトで花粉症の薬がいらなくなった方がいる、というワケ。
あなたも試してみませんか?

140326

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です