患者さんの主訴の変遷:3


1990年代後半からは咳や花粉症。
2000年代の初期からはインフルエンザや薬のアレルギー。
それぞれ目立つようになってきたのはこれくらいの時期だったように思います。
そしてこれらは今でも続いていると感じています。

これらの主な原因は、免疫の力が低下していることにあるのではないかと思います。
免疫力の70%が腸管で作られるというお話は、以前にもしましたね。
これが低下しているということは、腸が本来持つチカラを発揮できていないのでは?と考えています。
発揮できない理由は、腸内環境が整備されてないから。

善玉菌を増やしたい。腸内環境を整えたい。
でも保険適用内の薬でするにはとてもたくさんの種類が必要。
もっと手軽にできる方法は何かないだろうか。
そんなことを考えて、腸活応援サプリメント・ベリラクトを開発しました。
たくさんの患者さんを診ていく中で思いついたのです。

皆さんには常に健康であってほしい。
医者のボクは、いつも、そう考えています。
イベント告知

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です