細胞同士が協調して働くために不可欠なものは?


個々の細胞のコンディションが整った次の段階として、
複数の細胞の集合体である臓器や体の構成物を、
うまく協調運動させなければなりません。
それに不可欠なのが、
ミネラルとタンパク質の結合体である「酵素」です。
酵素は体内に3000種以上あると言われていますが、
まだその全容はわかっていません。
酵素には、「発酵食品などに含まれる酵素」と、
主に腸内細菌によって「体内で合成される酵素」があります。
ここでは、体内で合成される酵素を単に「酵素」と呼ぶことにします。

酵素が消費される3つの要因というものがあります。
blog1
活性酸素を防御するのに大きな役割を担っているのが、
次のような『酵素』と『ミネラル』なのです。
blog1

40才を超すとSOD生産能力が減少してくるうえ、
加齢に伴って大量に発生する活性酸素を除去するために、
酵素が大量に消費されてしまいます。
酵素が減少すると内臓の病気を発症するうえ、
細胞修復が働かないので治癒しにくくなるのです。
つまり、「酵素が枯渇したときが寿命」と考えてもよいでしょう。
その鍵は、酵素を合成する良い腸内細菌を増やすと同時に、
適切な食事で「体外から酵素を取り入れる」ことにあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です