からだを構成する個々の細胞が正常に動くためには?


食料を取り巻く事情はこの40年で大きく変化してきました。
特に、一般に入手できる野菜に含まれるビタミン・ミネラル・酵素の質と量が減少。
以前に比べると8割近くも減ってきていると言われています。
また、加工食品に含まれる食品添加物の種類は約300種類もあるそうです。
天然食品から摂取したミネラルの吸収の阻害はおろか、体内のビタミンや酵素の利用効率も低下します。
こうなると、「吸収効率がよいビタミンやミネラル」で細胞の状態を整えることが必要だと感じます。
blog1

昨今では安価なサプリメントが多く出回るようになりました。
しかしこれらの製品は、化学合成されたビタミンやミネラルで構成されていることが多いのが現状。
賦形物(まぜもの)が多いために実際の含有量は少ないのです。

それに対して、天然素材由来のビタミンやミネラルは高価ですが効率良く吸収されます。
ビタミン・ミネラルといった基礎サプリメントは、服用してすぐに効果が出るわけではありません。
地味にですが「人体を構成する細胞が正常に動く」下地をきちんと作ってくれます。
これができて初めて、健康維持や病気予防の基盤が完成するのです。
ダイエットやアンチエイジングなどは、その次のステップですべきこと。
下地作りを実現してから、考えるべきでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です